banner

コンテナ投資の「上手なやり方」

投資の上手なやり方は、極端に言えば下手なやり方の逆をやればいいわけです。透明性の確保された事業に対して、採算性や問題点などをきちんと評価する。それがコンテナ投資の上手なやり方の第一歩です。

事業計画がきちんとしていて、想定されるメリット、デメリットについても考えられている、一見すると確かな投資物件に見える、といったことが大切ですが、念のためそこからもうひとつ、事業の継続性について確認するのが上手なやり方です。コンテナは撤去が簡単ですから、事業からの撤退は容易です。投資分を回収することは当然ですが、それ以降も利益を出し続ける事業継続が可能なのかです。不動産のリソース運用ノウハウがあまりない場合、コンテナレンタルの広告が予定通りの効果を上げられない、コンテナの保守や警備に人がさけなくなるなどの問題があとになって出てくることがあります。そのときのフェイルセーフ対策がきちんと取れるかどうかの見極めが必要です。月額の費用と広告効果などを総合して考えたら管理会社にすべて委託したほうが上手なやり方かもしれません。事業の将来や運用体制について柔軟に考えることができる。これがコンテナ投資成功への上手なやり方です。

Copyright©2017【コンテナ投資 成功する人、失敗する人】 All Rights reserved.